搭乗の際に気をつけたいこと

時間に余裕を持った行動を

ソラシドエアを利用する場合、搭乗の際にはいくつかの手続きが存在します。

自動チェックイン機でのチェックイン、保安検査場、搭乗ゲートでの手続きの末に、飛行機へ搭乗、フライトとなるのです。

これらは飛行機に乗る際、必須の手続きなのですが、気をつけなければいけないことがあります。

これらの手続きはそれぞれ決められた時間までに通過しなければいけないという点です。

チェックインは出発時刻の20分前まで、保安検査場は15分前まで、搭乗ゲートは10分前までに通過する必要があります。

空港の混雑具合は、日によって様々です。

混雑具合によっては想像以上に手続きに時間がかかる、という可能性もあります。

時間ギリギリではなく、余裕をもって行動しましょう。

搭乗手続きに必要なもの

搭乗手続きの一つである、チェックインですが、これには必要なものがあります。

「eチケットお客様控」、「予約番号と確認番号」、「支払いの際に使用したクレジットカード」のうち、どれか一つです。

忘れずに持っていきましょう。

ですが万が一、それらを忘れてしまったときには、公的書類による本人確認が必要となります。

その際に必要となる公的書類とは、運転免許証やパスポートなどを指します。

万が一に備えるという意味では、こちらも用意しておく方が安心でしょう。

また、チェックインを省略できるスキップサービスというものも存在します。

予約、購入、座席指定を済ませておけば利用可能なこのサービスは、時間と手順の短縮になるので、利用を検討するのもよいでしょう。

投稿者: admin