ソラシドエアのコーポレートカラーとブランド紹介

ソラシドエアのブランド

ソラシドエアは空の種というコンセプトで空から笑顔の種をまくという意味が込められています。

ドレミファソラシドという意味も込められており、なじみのあるフレーズで親しみを感じます。

宮崎を拠点に九州を中心にした空の旅を提供しており、九州から積極的に人材を採用することで地元密着型の経営をしているところが特徴です。

羽田空港の第2ターミナルに出発口があり、九州の翼として運行されています。

尾翼には笑顔をイメージしたロゴデザインが掲げられており、国内10カ所に就航しているエアラインです。

九州の特産品を積極的に取り入れており、長崎県産のあごと大分産のゆずを組み合わせたオリジナルのあごゆずスープは機内サービスで味わうことができ、機内での限定販売もされている人気の商品です。

ソラシドエアのコーポレートカラー

ソラシドエアのコーポレートカラーはピスタチオグリーンです。

緑豊かな九州の自然、若々しさ、成長をイメージした若草色でロゴや機体のデザインにも採用されています。

機内のLED照明にも利用されており、穏やかで柔らかい色合いがリラックスできると好評です。

客室乗務員の制服はグレーですが、ピスタチオグリーンのスカーフやネクタイを身に着けるなど九州を盛り上げる雰囲気で一杯です。

ピスタチオグリーンのコーポレートカラーを利用したオリジナルのメロンパンをコラボしてソラメロパンをプロデュースするなど地域振興にも力を入れている企業です。

ソラシドピスタチオグリーンと呼ばれ、コーポレートカラーとして大事にされているこの色は人々が笑顔で調和し、その中で共生できる世界観という意味も込められています。

ソラシドエアのチケット検索

> このサイトで見つけることが出来る

投稿者: admin