自動チェックイン機を使用する際に必要なもの

自動チェックイン機を利用するには

旅行や仕事で飛行機を利用する際、避けて通れないのがチェックインです。

チェックインするためには受付カウンターで手続きするか、もしくは自動チェックイン機で手続きをする必要があります。

空港が混雑している場合、受付カウンターには長蛇の列ができてしまうことが多く、並んでいるだけで疲れてしまいます。

そんなとき、スムーズにチェックインできる自動チェックイン機は大変便利なもの。

ですが、自動チェックイン機を利用するためには持っていかなくてはいけないものがあります。

「支払いに使用したクレジットカード」、「確認番号と予約番号」、「eチケットお客様控」、このうちのどれか1つが必要です。

もしも忘れてしまった際は、受付カウンターで運転免許証や健康保険証といった公的身分証を呈示することでチェックインすることができます。

チェックインは時間に余裕をもって

飛行機に乗る際、気を付けなければいけないのは時間です。

ソラシドエアでは出発予定時刻の20分前までに搭乗手続きを済ませ、10分前までに搭乗口へ向かう必要があります。

搭乗手続きには、チェックイン、荷物を預ける、手荷物検査、と3つの手続きをしなければいけないため時間がかかります。

チェックインは自動チェックイン機を利用することでスムーズに済ませることができますが、荷物を預ける手続きと手荷物検査はそうはいきません。

手荷物検査の列に並んでいるうちに飛行機が行ってしまった、なんてことにならないためにも、時間には余裕をもって空港へ。

出発予定時刻の1時間前を目安にすると焦ることなく手続きができます。

ただし、正月やお盆などの旅行シーズンは空港が混雑するので、さらに余裕をもっておいた方が安心です。

投稿者: admin