機内持ち込み手荷物制限と受託手荷物

ルールを守って手荷物品を持ち込もう

ソラシドエアの他にも大手航空会社であるANAやJAL、スカイマークにLCCといった数多くの航空会社が空を飛びまわっており、それぞれに制約や規定が設けられています。

ついつい重くなりがちな機内持ち込み手荷物にも制約があり、規定外のものは持ち込むことができません。

ソラシドエアでは機内に持ち込むことができる手回り品の重量を10KGまでのものを一人1個と定めています。

さらに3辺の和が115cm以内で55cm×40cm×25cm以内のものとしています。

また、刃物類などの凶器や爆発の恐れがあるもの、燃えやすいもの、人に危害を与えるようなものは持ち込み禁止となっており、チェックイン時に再度確認をすることが大切です。

ついつい増える荷物も受託手荷物で持ち帰り可能に

旅行中に思い出の品をふんだんに買い、帰りはお土産でいっぱいになることもあるでしょう。

しかし規定外の荷物は機内に持ち込むことができないため、チェックインの際に受託手荷物として預ける必要があります。

ソラシドエアでは一人あたり20kgまでの受託手荷物を無料で運んでくれるためかなりの量の荷物を預けることができます。

20kgを超える荷物も超過手荷物料金を支払うことで預かってくれます。

しかし100kgまでと定められており、それ以上の荷物は載せてもらうことができません。

また3辺の和が203cm以内とサイズの規定があり、軽くても大きいものは収納してもらうことができないのです。

ついつい増えがちな荷物ですが、全て無料で持ち帰れるわけではないため、注意が必要です。

投稿者: admin